ミノキシジルの副作用が怖いという話をよく聞きます

ミノキシジル 効果や服用期間(ミノキシジルタブレット)はどんなもん?

こんにちはタケオです、当サイトに「ミノキシジル 効果」という検索ワードで訪問してきた方がいたんですが、AGAで悩む男性諸氏はかなり発毛薬に興味があるようなので、今回は育毛治療薬の話と経験談的な物を書いてみようと思います。

 

 

ミノキシジルには錠剤と外用薬がある

 

 

ミノキシジルにはミノタブとと言われるタブレット状のものとロゲインやリアップといった塗布するタイプのものとがあります。

 

 

ミノタブは完全な医薬品でクリニックなどで処方してもらうのが通例ですが、個人輸入で海外から取り寄せることもできるし、ジェネリックのミノキシジルならかなり安く買うことも可能です。

 

 

経口薬であるミノキシジルは副作用リスクがあり、頭皮に痒みが出たりアレルギー反応が出ることが問題になってますね。

 

 

育毛治療薬の中でもミノキシジルは、いわば守りの薬です、髪の毛を生やすことよりも脱毛症状を止めることが一番の効果ですが、自身の経験上、抜け毛は収まりますが服用をやめた途端にまた脱毛が始まります。

 

 

副作用を考ええると、飲み続けるのはどうかなあ・・・・というのが本音ですね。

 

 

攻めも育毛薬として知られるのがフィナステリドと言われる成分を使ったプロペシア

 

 

これは完全な発毛薬で飲めば髪の毛が生えてきます、と言うか生えました。

 

 

ですが、やはり副作用が強く、性欲減退(勃起力が低下しました)や食欲不振などで、ミノキより副作用リスクが強い印象ですね。

 

 

これに関しても、やめた途端に生えてきた髪の毛は抜け落ちましたね、あと私の場合ひげが異様に濃くなって泥棒ヒゲのようになりましたけどね。(笑)

 

 

塗布するタイプのロゲインやリアップ

 

 

ロゲインに関しては個人輸入で買う方法があります、日本では厚生労働省の認可が出ないので国内販売はできていないのが実情ですね。

 

 

唯一、国内販売しているのは大正製薬から第1類医薬品として「リアップ」が出てるくらいでしょうか。

 

 

正直なところ、塗布するタイプのミノキシジルは現在までに使ったことがないのでなんともいえませんが、脱毛を止める効果はあるようです。(友人談)

 

 

私は、ミノタブで懲りていたので、使ってませんが副作用の面では個人差があるようで肌荒れなどを起こすようですので、アレルギー持ちの人には向かないんじゃないの?というのが率直な感想です。

 

 

とどのつまり市販の育毛剤が一番使いやすい

 

 

私も長い育毛人生の中で一周回ってきましたが、やはり市販の育毛剤が一番使いやすいという結論に達しました。

 

 

育毛剤は効果が出るまで時間を必要としますが、継続すれば結果はついてきますよ、気長に待てなくて発毛薬や医薬品に頼るひとが多いですが、育毛仲間に聞いてると結局みんな育毛剤に戻ってくるんですよね。

 

 

ハゲで悩んでるのに、この上副作用でまで悩みたくない!というのが本音のところだと思いますよ。

 

 

育毛剤が時間がかかるといっても、最近は育毛サプリも開発されていて、時間短縮に一役買っていますしね。

 

 

育毛サプリの効果は半分の時間とまで言わなくても、3分の1くらいは早く発毛するように感じますね。

 

 

それに、育毛サプリは育毛剤と別に買う必要がなくなってきていて、育毛剤を定期コースで購入すると付属してくるパターンも多くなってるから、コスト的にも以前に比べてだいぶ楽になったというのがあります。

 

注意してもらいたいのは、育毛サプリの効果で髪の毛が生えた!なんて広告をよく見るんですが、あれはちょっと言いすぎじゃない?というのがありますね。

 

 

育毛サプリだけで髪の毛なんて生えてきませんから、信じちゃだめですよホントに。

 

 

あれは予防措置にはなりますけど、それだけで発毛するといったたぐいのものではないですよ。

 

 

育毛サプリは育毛剤と組み合わせて初めて効果を発揮するもんです。

 

 

それから、育毛サプリはサプリだけで売ってるものもありますが、(ボストンは有名商品)個人的には育毛剤付属の育毛サプリで十分だと感じています。

 

 

>>>育毛サプリ「BOSTON」の詳しい情報はこちら

 

 

経済的なコスト面からみても、効果の程からみても付属の育毛サプリで十分まかなえますし、育毛剤を開発しているところが出してるものですから信頼にも足ります。