ストレスは薄毛や抜け毛の原因になる

ストレスがハゲるというのは疑いようのない事実

まさか、ストレスなんかでハゲないよ!なんていう人はいませんよね?

 

 

こんにちはタケオです。

 

 

今日は「ストレス 抜け毛」という検索フレーズで当サイトに訪問してきた方がいたんで、ストレスとハゲについてなるべく詳しく書いていきたいと思いますね。

 

 

ストレスは禿げるだけでなく万病のもと

 

 

現代社会、特に日本のような先進国はストレス大国とも言えます。

 

 

現代病の殆どがストレスが原因と言ったも過言ではないくらいに、日々の生活でストレスってかかってますよね?

 

 

ハゲるというのはその最たるもののような気さえします、わかりやすい形で精神的にキテることを教えてくれてますよね。

 

 

ストレスが及ぼす大きな影響は自律神経の乱れ

 

 

人には交感神経と副交感神経が備わってます、簡単に説明すれば交感神経は意識化での体の制御を担当し、副交感神経は寝ている状態などの無意識下での体の制御を担当します。

 

 

強いストレスを受けると、自律神経に乱れを起こして、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く働かなくなります。

 

 

これが体に色々と悪い作用を引き起こします。

 

 

代表的なことで言うと、

 

  • 精神不安定やうつ病
  • 血行が悪くなることで凝り性や冷え性
  • 臓器の働きの低下(主に胃腸)
  • 不眠症
  • 肌荒れ

 

 

のような症状が起こり、体そのものが不調に陥ります。

 

 

この中で脱毛症を起こす原因となるのは、末梢神経系不調による血行不良で頭皮に血が回らなくなり抜け毛を起こすというもの。

 

 

髪の毛の栄養は血液から取り込んでいるから、頭皮に栄養が補給されなくなると当然髪の毛にも悪影響を及ぼします。

 

 

ストレス社会が落とす暗い影は、若年性の脱毛症にも現れています。

 

 

私が高校生くらいの時に、10円玉くらいの脱毛症になった友人hがいましたが、彼も神経質で細かいことが気になって周りのことばかり気にするようなタイプの人間でした。

 

 

最近はこういった若年性の脱毛症を起こす子供が増えてるなんて話もよく聞きますね。

 

 

ストレスを受けるとみんな禿げるということではありませんが、その人の弱い部分に現れるものなので、おとなになって頭皮環境が悪い人なんかは出やすいかもしれませんよね。

 

 

育毛剤はストレスハゲにも効果ある?

 

 

ストレス性のハゲであっても育毛剤は効果があります、禿げてるということはストレスによって頭皮環境が悪化したことの表れでもあるので、頭皮環境を改善することで育毛することはできるはずですが、まずはストレスを無くすことを心がけることが必要ですよね。

 

 

ストレスを起こす原因が確実にわかってればその問題を解決すればいいんですが、例えば職場にやな上司がいるとかなると転職するとかしないと解決できないですけどね・・・・・・・

 

 

まあ誰でも何らかのストレスというのはあるものですから、一般的なストレスの解消法というと、オーソドックスですけど

 

 

  • 湯船にゆっくり浸かる

  • 散歩や軽い運動をする

  • マッサージなどでリラックスする時間を作る

  • なるべくストレスから離れるように趣味の時間を持つ

  • できればジムに通って筋トレする(私はこれが一番おすすめですね、アドレナリンが出て非常に落ち着くしストレス解消には最高です)

 

 

以上のようなストレス解消法を実践しながら、育毛剤や育毛サプリで発毛を促進すれば着実に髪の毛は戻ってくるはずです。

 

 

私がハゲた原因がストレスだったか、遺伝だったかはわかりませんが、生活習慣に気を使いながら、育毛活動(育毛シャンプー・育毛剤:育毛サプリ)したことでハゲを克服できたことは経験として事実ですね。

 

 

売れてる!育毛サプリランキングはこちら