育毛サプリに含まれる亜鉛の効果とは?

亜鉛は髪の毛だけでなく体にとっても必須栄養素

こんにちはタケオです。

 

 

今日は「育毛サプリ 亜鉛」という検索ワードで当サイトに来た方がいたので、毛髪と亜鉛についての関係性について書いていきたいと思います。

 

 

亜鉛はタンパク質を毛髪の構成成分に変換する働きがある

 

 

毛髪はその99%がケラチンタンパク質からできています、亜鉛には食物などから摂取したタンパク質をケラチンに変換(再構成)する働きがあります。

 

 

ですが、デメリットとして厄介なのが亜鉛は吸収率が悪いということです。

 

 

そのため、育毛サプリなどの亜鉛が含まれるサプリでは、亜鉛の吸収率をどう上げるかが鍵となります、だからといって吸収率を上げるために一度に大量に摂取するのは間違いです。

 

 

吸収されずに排出されてしまうばかりか、貧血や免疫系障害の原因になることもあるからです。

 

 

亜鉛の吸収力が下がる要因としては、食物繊維と一緒に排出されることと、お菓子やパンに含まれる成分と結合して排出されることがあります。

 

 

吸収率を上げるためには、ビタミンCとクエン酸を一緒に取ることです、そして食後に飲むことと、毎日継続して飲むことが最も効果的なんです。

 

 

亜鉛を摂るメリットとしては

 

 

髪の毛にハリやコシを与える

 

髪の毛のはりやコシを失い始めたら、亜鉛不足が疑われます、栄養事態は足りていても亜鉛がないと髪の毛を構成することができません。

 

精力増強

 

精力が減退したり、精子の数が少なくなってくると亜鉛が足りてない場合があります、また射精を良くするような人は亜鉛も減るので意識的に亜鉛を含有する食物を食べるようにしましょう。

 

味覚の感度を上げる

 

亜鉛が足りないと味覚音痴になると言われています、味付けが濃いものを好むようになると亜鉛不足の感ありです。

 

 

亜鉛の1日の摂取量は、2,1mg~15mgが適量

 

 

育毛アイテムには殆どの商品で亜鉛が配合されている

 

 

育毛サプリにかぎらず、育毛剤や育毛シャンプーの殆どの育毛関連アイテムには配合量の違いはあれど、亜鉛が含まれています。

 

 

亜鉛が髪の毛に及ぼす影響はそれぐらい大きのですが、最も効率的に亜鉛を体内に取り込むためには、育毛サプリが効果的です。

 

 

育毛剤やシャンプーと言った、外用製品は洗い流されてしまったりするため、体内から直接取り込めるサプリと比べて吸収力に大きな差がでるからです。

 

 

ですが、亜鉛そのものには発毛効果がないので、AGA(男性型脱毛症)で悩んでいる場合は、やはり育毛剤は必須アイテムと言えるでしょうね。

 

 

個人的感覚では、育毛サプリは発毛成分というより脱毛を防ぐ守りの成分という意味合いのが強い気がするので、育毛サプリのみだと発毛はきついかな?というのが私の印象です。

 

 

確かに、髪の毛の成長因子に働きかける成分も配合されているんですが、その点は塗布するタイプの育毛剤のほうが発毛に効果的と言わざるを得ませんね。

 

 

まあ、全て私の体験上の話なんですが・・・・・・

 

 

育毛サプリの販売ページや公式サイトを見ると、体験者の口コミなどで発毛した事例も載っていますが、誇大広告も多いので、過度な期待は禁物といったところでしょうか?

 

 

それでも育毛剤も使いつつ、育毛サプリで発毛環境を整えてあげれば発毛スピード自体は上がるので、使わない手はないんですけどね。

 

 

育毛サプリだけ飲む人はどんな人?

 

 

完全なハゲの自覚のある人が育毛サプリだけで発毛しようと思っても無理がある気がしますが、薄毛が気になり始めたり、髪の毛が細くなったのが気になったりした人には効果があると思いますよ。

 

 

薄毛や抜け毛の予防という面で考えている人、まだ育毛剤まで必要ないなあと思う人には育毛サプリから始めるのが効果的だとは思います。

 

 

売れてる!育毛サプリランキングはこちら