頭皮が弱い人が使うべきシャンプーとは?

刺激の強い成分が入ったシャンプーはNG

こんにちは、当サイト管理人のタケオです。

 

 

このサイトに訪問してくる人の検索フレーズで最近多くなってきているものがあります。

 

 

「頭皮が弱い シャンプー」という言葉を打ち込んで検索してくる人がとても多いんですね。

 

 

このような言葉を打ち込んでくる人に共通しているのが、現在使っているシャンプーに満足してないということです。

 

 

ほとんどの人はTVやコマーシャルで見たりした大手化粧品メーカーのもの、あるいはドラックストアーやコンビニにある市販のシャンプーを使っていますよね?

 

 

市販の通常のシャンプーは価格も安く使いやすいのですが、その分成分にコストを掛けていません。

 

 

シャンプーには洗浄成分として界面活性剤が使われています、界面活性剤には石油を材料にしたものと、天然成分を材料にしたものがあるんですね。

 

 

みんなが普通に使っているスーパーなどで手に入る物は、洗浄成分に石油系の界面活性剤を使ったものがほとんどなんです。

 

 

石油系の物はコストがかからない分、安く生産できるため価格も安いのがメリットですが、デメリットとしては肌に対する刺激が強いということがあります。

 

 

当然、皮膚や頭皮が弱いのに石油系のシャンプーを使い続ければ、肌荒れや湿疹、フケやかゆみの原因になります。

 

 

洗浄力の強い石油系のシャンプーの成分は「ラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウム」

 

 

ラウレス硫酸ナトリウムとラウリル硫酸ナトリウムは石油系のシャンプーには必ず使用される成分なんですが、読んで字のごとく「硫酸」が原料になっています。

 

 

硫酸と聞くと、ドロドロに皮膚が焼けただれるイメージってありますよね?まさしくその硫酸なんです。

 

 

もちろん極薄に薄まって使われているので、皮膚が溶けるようなことはないまでも、働きとしては人のタンパク質を溶かすものですから、その作用を使って頭皮の皮脂や髪の毛をを洗い流しているわけです。

 

 

ですが、この事実を聞くといかに市販の石油系シャンプーが皮膚に害を与えるかわかりますよね?

 

 

私もこれを知った時は、「洗ってるんじゃなくて、溶かして汚れを落としてるんじゃん!」と思ってゾッとしました。

 

 

それからは一切市販のシャンプーを使っていません。

 

 

それから、よく聞くのが「ノンシリコンタイプ」のシャンプー、市販のシャンプーには髪の毛に艶を出したり、肌触りを良くするために「シリコン」が使われていましたが、合成成分であるシリコンは頭皮や髪の毛に良くないという理由から「ノンシリコン」を売り言葉にするものが多くあります。

 

 

ノンシリコンと言われるとなんだか体に良くない成分が入っていないと、漠然と思ってしまいがちですが、市販のノンシリコンシャンプーでも実は洗浄成分は「ラウレス硫酸とラウリル硫酸」です。

 

 

要するに洗浄成分が石油系の界面活性剤であるかぎり、どんな言葉を持ってこようが頭皮や肌には刺激が強いものということです。

 

 

注意してもらいたいのが、市販のものでもアミノ酸系の洗浄成分をうたうものがあります。

 

 

この手のシャンプーは本来石油系のシャンプーなのに、アミノ酸成分をカクテルすることでアミノ酸系シャンプーとして売り出しているのが特徴なんですね。

 

 

少しでもアミノ酸系の成分が配合されていることで、アミノ酸系シャンプーといっているわけです。

 

 

シャンプーを買うときは成分表記を見るのはマストですね、皮膚が弱い人は「ラウレス硫酸とラウリル硫酸」という成分にくれぐれも注意が必要です。

 

 

敏感肌の人が使うべきはアミノ酸系のシャンプー

 

 

アミノ酸系のシャンプーは、皮膚や頭皮に優しく髪に潤いを与えてくれることがメリットですが、デメリットがないのか?と聞かれれば、それは洗浄力の弱さと価格面です。

 

 

天然由来の成分を使うにはコストがかかります、天然植物からエキスを抽出するのに手間暇、コストがかかるわけですが、その分洗いあがりもよく指通りもなめらかです。

 

 

石油系のような大量生産に向かないためどうしても金額は張りますが、体のことを考えると背に腹は代えられないですよね。

 

 

アミノ酸系のシャンプーのデメリット、洗浄力の弱さについては最近のものは十分合格レベルのものばかりなので気にする必要はないでしょうが、中にはアミノ酸系のシャンプーでもアレルギー反応を示すこともあるので、やはり成分表記には気を使います。

 

 

できるだけ、無駄な成分が配合されていなく、無添加のものがいいでしょうね、そのほうが頭皮や髪の毛に馴染みやすいです。

 

 

自分がのアレルギーが何に反応するかを知っていれば選びやすいんですが、わからない場合はとにかく無駄なものが入っていないアミノ酸系シャンプーがいいということです。

 

 

アミノ酸系シャンプーに使われる洗浄成分

 

 

アミノ酸系の洗浄成分は、石油系で使われる「ラウレス硫酸とラウリル硫酸」の代わりに「メチルアラニン系、ココイル系、ペタイン系」といったものがあります。

 

 

成分表記を見た時に、ココイルアラニンTEAとか表記があればこコイル系ということです。

 

 

どの成分も先頭に、ココイル・・・とかメチルアラニン・・・・のように書いてあるのですぐに何系かはは判断できます。

 

 

実際のところシャンプーは使ってみないと相性がわからない部分があるから難しいところですが、皮膚が弱い人はとにかく石油系のシャンプーをやめることからですね。

 

 

アミノ酸系シャンプーも3つくらいは試していく覚悟であれば、自分にあったものが見つかりますね。

 

 

ハゲの進行に待ったをかける育毛シャンプーランキングはこちら


頭皮が弱い人が使うべきシャンプーとは?関連ページ

薄毛治療はアミノ酸シャンプーで頭皮環境を整えることから
男性用薬用シャンプーでフケやかゆみとオサラバ
男性用抜け毛 シャンプーで市販のものがダメな理由とは?
メンズ育毛シャンプーという呼び名が間違っている!
育毛シャンプーでよくアミノ酸系シャンプーって聞くけどどんなもの?
育毛・抜け毛予防シャンプーって効果あんの?
男性育毛シャンプーがハゲ克服の最初の一歩!
洗浄力が弱いシャンプーのメリットとは?
メンズシャンプーで男性ホルモン抑制できるの?
若ハゲ対策に良いシャンプーは?
育毛シャンプーで若ハゲ対策すればAGA男性型脱毛症を防げる?
50代女性の抜け毛を抑えるシャンプーはあるの?
若ハゲにいいシャンプー(頭皮ケア)とは?
頭皮の構造から見る、かゆみの原因や抜け毛、フケ
薬用シャンプーでかゆみに特化したものもあります
頭皮湿疹の原因は脂漏性皮膚炎かも?
敏感肌の人はどんなシャンプーがいいの?
地肌が弱い!フケを止めるシャンプーとは?
脂症でシャンプー選びに迷っているなら頭皮に優しい物がいい
シャンプーを変えてハリやコシを取り戻すには?
乾燥肌からくる頭皮のかゆみやかさぶた
頭皮や皮脂の臭い対策はどうすればいいんでしょうか?
抜け毛や薄毛、育毛の極意は進行を食い止めることから!