フィナステリドの副作用リスクはどんなものが?

え、フィナステリドとプロペシアは違うもの?

薄毛治療

タケオです。

 

 

「フィナステリド プロペシア ちがい」

 

 

今日はこの検索ワードで訪問してきた方がいたので、この辺のことをわかりやすく掘り下げてみますね。

 

 

ややこしいけど同じものですよ

 

 

薄毛治療薬で、フィナステリドとかプロペシア、はたまたフィンペシアとかいうのはよく聞きますが、一体どう違うの?って混乱してるひとが多いようなので一つ一つ説明します。

 

 

フィナステリドは薬に含まれる成分の名称

 

 

プロペシアはフィナステリドが配合された薄毛治療薬の名前

 

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック製品

 

 

ということで、上記3つは同じものということなんですが、クリニックや人によっては、薬の名前で呼んだり成分の名前で呼んだりするのでみんな混乱するんですよね。

 

 

薄毛治療薬についてもうちょっと掘り下げてみる

 

 

薄毛治療薬はなにもプロペシアだけではないんですね。

 

 

フィナステリドの有効作用はAGAの原因になる、男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を抑制することで脱毛症状を押さえ込むものなんですが、コレと似た働きをするもう一つの成分があります。

 

 

それが、デュタステリドという成分

 

 

デュタステリドはフィナステリドと同じように、5-α還元酵素を抑制するんですが、フィナステリドと違うのは、2型5-α還元酵素だけでなく1型5-α還元酵素も抑制することにあります。

 

 

どちらの還元酵素もハゲの要因ですから、1型、2型の還元酵素を抑制できるデュタステリドは効き目も強いというのが定説です。

 

 

デュタステリドのメリットは、フィナステリドの1.5倍の効果をもたらしますが、デメリットとして副作用のキツさがあります。

 

 

他にも、薬の耐性(慣れて来て効き目が弱まる)が強いので、AGAクリニックなどでは、通常はフィナステリドを処方します。

 

 

それでも効果が上がらない時は強めのデュタステリドを服用するというのが一般的な使い方です。

 

 

デュタステリドが配合された治療薬は「アボダート」

 

 

デュタステリドを配合した正規医薬品は「アボダート」と言いますが、もちろんプロペシアのようにジェネリック製品もあります。

 

 

「デュタス」というものと、最近出たものでは「デュプロスト」というのもあります。

 

 

どちらもデュタステリドを成分に持つものですが、製薬会社の違いで名称が変わっています。

 

 

ジェネリック製品はたいていインドの製薬会社なんですが、インドの製薬会社は世界的にも有名で薬としては安全に使用できるものです。

 

 

薄毛治療薬は個人輸入ができるので大手個人輸入代行サイトオオサカ堂を利用すれば間違いなく本物が、しかも安価で購入できます。

 

 

以下の検索窓に商品名を入れれば商品ページにジャンプできます。

 

 

 

 

こちらのバナーはオオサカ堂のトップページにいけますよ。