育毛サプリの使い方や効果

薄毛治療ではアイテムを上手に組み合わせることで相乗効果を高めよう

育毛サプリという言葉も最近ではわりとポピュラーになってきましたよね。

 

 

数年前までは使ってる人も少なかったし、商品の数自体もそれほどありませんでした。

 

 

昨今では、育毛剤と育毛サプリの併用はもはや当たり前になりつつあります。

 

 

キャンペーン中の育毛剤なんかだと育毛サプリをお試しでプレゼントなんて企画を行ってるところもあります。

 

 

育毛サプリにはどんな効果が見込めるのか

 

 

はじめに理解しておいてもらいたいのは、育毛サプリを単体で飲むだけではでは髪の毛が生えてくることはないということ。

 

 

育毛サプリなんて名前から、いかにも発毛効果が見込めそうなんですが、そういうことではないんですよね。

 

 

私も自身も育毛サプリが出始めた頃は、これで発毛するなら育毛剤よりいいじゃん!なんて勘違いをしていたことを思い出します^^

 

 

では育毛サプリの効果とはどんなものなのか?

 

 

簡単にいえば発毛しやすい環境を体内から改善していくというものです。

 

 

薄毛治療で初心者が最初に行うのが育毛シャンプーなんですが、育毛シャンプー自体にもも発毛効果があるわけではないですよね?

 

 

育毛シャンプーが外部から、体の外側から頭皮環境を改善するように、育毛サプリは体内から発毛環境を作り出します。

 

 

育毛サプリはプロペシアやミノキシジルなどの発毛薬と違い副作用の心配もなく安全なのですがその反面、即効性に劣るということが挙げられます。

 

 

育毛サプリの主な成分といえばノコギリヤシが有名なんですが、これは育毛剤にも配合されている成分でもあるんです。

 

 

その効果は、薄毛や抜け毛の原因となる5αリダクターゼという酵素を阻害する効果が有ることで知られています。

 

 

5αリダクターゼがどういうものかというと、男性ホルモンテストステロン5αリダクターゼという還元酵素と結合することでジヒドロテストロン(DHT)という物質になります。

 

 

そしてこのジヒドロテストロン(DHT)がAGA(男性型脱毛症)を引き起こすトリガーになるんですね。

 

 

育毛サプリは5αリダクターゼを抑えることで、薄毛の原因となるジヒドロテストロン(DHT)を作り出さないようにする効果が合うというわけです。

 

 

しかもそれを体内から抑制するので、外部から作用する育毛剤や育毛シャンプーとは一線を画します。

 

 

体の内と外から発毛環境を作り出すことで、発毛スピードはかなり早まるので、私を含めせっかちな育毛男子にはマストアイテムといえますね。

 

 

現在ある育毛法の中ではプロペシアなどの副作用のある発毛薬(医薬品)を除いては、育毛サプリと育毛剤の併用は最強の薄毛治療といえるんじゃないでしょうか?

 

 

薄毛治療は育毛剤や育毛シャンプーといった外からのケアだけでは十分とはいえない!?

 

 

男の場合だとだいたい30代を過ぎた頃が最も薄毛率が高まってきます、これは20代では新陳代謝が活発で悪性の男性ホルモンに抵抗する働きが強かったものが30代から抵抗力が弱まり代謝できなくなってくることが原因です。

 

 

薄毛やAGAで悩む男性は国内で10人に一人と言われています、結構な確率ですよね?人事でなくて誰にでも起こりうるものなんです。

 

 

悪玉男性ホルモンのジヒドロテストロン(DHT)を抑えるには育毛剤や育毛シャンプーだけでなく体内に成分を取り込むことが効果的なんですが、育毛サプリが発売されるようになってからは、副作用の強いプロペシアなどから乗り換える人も多くなってます。

 

 

育毛サプリは栄養補助食品なので薬害がありませんからね。

 

 

発毛薬プロペシアを使って体の不調を訴える人はいても育毛サプリで害が出たという話は聞いたことがありませんね。

 

 

事実、私がプロペシアを服用していた時も原因不明の腹痛や胸焼けなどが続いてましたから・・・・

 

 

確かに育毛薬であるプロペシアで毛が生えてくる人は多いと思いますが、あまりに薬物的だしやめると生えた分だけ抜けるんで、手を出すには覚悟が必要です。

 

 

その点、育毛サプリはそういった健康の心配はないから時間はかかるものの最適な飲む発毛サプリと言えます。

 

 

育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリの3段構えが現在最も有効で健康的な育毛方法なのは間違いないですね。