悪玉男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの働き

dht(ジヒドロテストステロン )の抑制こそが薄毛治療の本質

薄毛治療

AGA(男性型脱毛症)の一番の原因がジヒドロテストステロンの分泌によるものです。

 

 

男性ホルモンが多い人はハゲる確率が高いと言われますが、果たして本当でしょうか?

 

 

ジヒドロテストステロンは体の中で創りだされるものですが、今回は、そのメカニズムについて書いてみます。

 

 

活性型男性ホルモン=ジヒドロテストステロン

 

 

男性ホルモン多い人=ハゲ という図式は間違いでもあり、本当でもあります。

 

 

というのも男性ホルモン(テストステロン)はハゲの直接の原因にはならないからです。

 

 

確かに男性ホルモンが多い人、体毛が濃かったり、男らしい声質の人などはAGAになりやすくもあるんですが・・・・・

 

 

だからといって、薬などで強引に男性ホルモンを抑えるのはダメですよ、女性化したり精神的な疾患を起こしますから。

 

 

ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンと言われる、ジヒドロテストステロンが原因なんですね、活性型男性ホルモンとも言われます。

 

 

ジヒドロテストステロンは抜け毛を促進する強い男性ホルモンで、ハゲの原因と言われています。

 

 

これが増えることで抜け毛(脱毛症状)が起こるんですね。

 

 

ジヒドロテストステロン多い人=ハゲ ということです。

 

 

ジヒドロテストステロンはどうして増えるのか?

 

 

薄毛や抜け毛に最も関係が深いのが、5αリダクターゼという酵素です。

 

 

5αリダクターゼは、頭皮の皮脂線や髪の毛を創りだす毛乳頭に存在する酵素です。

 

 

ここからが本題ですが、男性ホルモン(テストステロン)に直接の原因はないと言いましたが、テストステロンが5αリダクターゼ酵素と結合した時、はじめてジヒドロテストステロンが生み出されます。

 

 

5αリダクターゼ還元酵素には、1型と2型という2種類があり、それぞれ薄毛に及ぼす影響が違います

 

 

5αリダクターゼ1型

 

5α-リダクターゼ1型は男性型脱毛の側頭部と後頭部の毛乳頭細胞でおおく発生します。

 

 

5αリダクターゼ2型

 

5αリダクターゼ2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞で多く発生する。

 

 

ほとんどのハゲは前頭部から上がってくるハゲや、てっぺんハゲと言われる頭頂部からハゲるタイプですよね?

 

 

このことからもわかるように、ハゲに影響が強く出るのが、5αリダクターゼ2型のほうで、これを抑制することが薄毛治療の本質と言えます。

 

ハゲは、テストステロンと、5αリダクターゼのむすびつき、ジヒドロテストステロンが発生することで起こる。

 

テストステロンを抑制するよりも、5αリダクターゼを抑制することが薄毛治療といえる。
(テストステロンを抑制してししまうと弊害が起こる、勃起不全や女性化など)

 

 

5αリダクターゼの量は人によって違い、遺伝的要素が大きものです、この量が多い人ほどハゲる確率は高くなります。

 

 

ハゲが遺伝するというのは、5αリダクターゼが生成されやすい体質だからという説が現在では有力になっています。

 

 

5αリダクターゼは1型・2型の2つが存在するが、特にハゲへの影響が強いのは、5αリダクターゼ1型である、ほとんどの育毛関連の医薬品や医薬部外品はこれを抑制することを目的に作られている。

 

 

テストステロンや5αリダクターゼが多い人はみんなハゲるのか?

 

 

テストステロンと5αリダクターゼがける号することで脱毛が起こるのは事実なんですが、この2つを結びつけるものがアンドロゲンレセプター(受容体)というものがあります。

 

 

アンドロゲンレセプターは人によってその感度が違うので、結合しにくい人もいます。

 

 

そういった人は、ジヒドロテストステロンが生成されにくいため、ハゲにはなりにくいものの頭皮の皮脂が分泌過多になりやすいんです。

 

 

皮脂の分泌過多は毛根そのものを弱らせるので、ハゲないにしても頭皮環境は悪化し、油ギッシュな頭になりガチなので、頭皮ケアは行う必要がありますね。

 

 

ジヒドロテストステロンをつくりださないようにするために

 

 

ジヒドロテストステロンの分泌量こそがハゲにつながるということはわかったと思いますが、どうすればジヒドテストステロンを作る5αリアクターゼを抑制できるか?

 

 

5αリアクターゼは量の違いはあるにしても全ての人が持つ酵素体です、5αリアクターゼを活性化させないことが一番いいんですが、年齢や遺伝で5日は必ずスイッチが入って活性化します。

 

 

その時は薄毛治療をするしかないのですが、できるだけ活性化しないようにするには普段の生活習慣が大いに関係してきます。

 

 

タバコや睡眠不足、肉中心の食生活や便秘症なども、5αリアクターゼを活性化させる要因とも言われているので普段から生活習慣に気をつけることが最良の薄毛治療とも言えます。

 

 

すでに薄毛や抜け毛で悩んでる人は育毛するしかないですよ

 

 

もうすでにAGAの自覚症状がある人は、早めに育毛を始めたほうがいいですよ。

 

 

生活習慣が関係あるといっても、あくまで予防的措置なのでハゲてる人が生活を変えたからといって、髪の毛が生えてくるものでもないからです。

 

 

育毛を始めるときは、まずは頭皮環境改善からなので、スカルプケアシャンプーを使ったほうがいいでしょうね。

 

 

育毛剤は最近のものは、育毛サプリとセットで販売されるものが多く、かなり値段も経済的なものが増えてきました。

 

 

以前だと、育毛サプリと育毛剤は別で買っていたものですが、育毛剤を定期購入することでついてくる育毛サプリでも十分効果はあります。

 

育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリの3点セットは育メンには欠かせないものなので、必ずこのセットで育毛することを勧めます。

 

 

どれか一つが欠けては、それぞれのパフォーマンスが最大限に引き出せませんので。

 

 

特にこの方法は医薬品のような発毛薬と違って即効性がないので根気よく治療を続けることが必要になってきます、時間がかかるからこそ効果を最大限にする必要もあるということです。