女性の薄毛も男性ホルモンの影響なの?

女性にだって男性ホルモンはある

薄毛治療

男性ホルモンというと、男性特有のものと思いがちですよね?

 

 

女性にだって男性ホルモンはあるんです、もちろん男性に比べて絶対量は少ないんですけどね。

 

 

女性の薄毛はエストロゲンの減少によるもの?

 

 

確かに女性にだって男性ホルモンはあるんですが、女性の薄毛の原因は男性ホルモンの影響というよりも、女性ホルモンエストロゲンの現象による事のほうが原因なんです。

 

 

男性のAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロン)が5α還元酵素と結びついてジヒドロテストステロンという悪玉物質を創りだすのが原因です。

 

 

それに引き換え女性は男性ホルモンの絶対量が少ないので、ジヒドロテストステロンを作り出すほどの量はありません。

 

 

それよりも女性の薄毛の原因は、中高年で起こる閉経後の女性ホルモンエストロゲンの減少にあると言われています。

 

 

エストロゲンには髪の毛の成長を持続させる作用があるんですが、年齢とともに減少することで髪の毛のハリが失われたり、細くなったりするんですね。

 

 

おまけに髪の毛というのは、2本、3本と一つの毛穴から出たりするんですが、これが1本だけになったりするので薄毛になることもあるんです。

 

 

女性の脱毛症とハゲかた

 

女性の薄毛で多いのが、「びまん性脱毛症」なんですが、これは広範囲にわたって薄くなることを言います。

 

 

主には、分け目やつむじのあたりの薄さが目立ちます。

 

 

男性の場合は、M字ハゲになったり、頭頂部がハゲたりしますが、女性の薄毛と男性の薄毛ではその性質が違うという子ですね。

 

 

このようなことから、結論としては「女性にも男性ホルモンはあるが、薄毛に起因しているのはエストロゲンの減少」ということがいえますね。

 

 

育毛剤は女性用と男性用がるのはなぜ?

 

 

育毛剤はほとんどがAGA(男性型脱毛症)の男性用に開発されたものですが、最近は女性専用の育毛剤が増えてきましたよね?

 

 

男性用と女性用では根本的になにが違うかを簡単に説明しますね。(ぶっちゃけ、成分が違うんですけどね)

 

 

男性用育毛剤は、男性ホルモン(テストステロン)と毛根にある5αリアクターぜという酵素が結合してできるジヒドロテストステロン(ハゲの直接原因)を抑制するような成分で構成されています。

 

 

女性用育毛剤は、主に女性ホルモン調整作用がある成分で構成されています。

フラボステロン、ヒオウギ、カッコン、カンゾウ、ヨモギエキス、アンセンヤクエキス、オトギリソウエキス、クララエキス、ビワ葉エキス など

 

 

脱毛症でも、男女によりその声質が違うので、それぞれ専用の育毛剤を使ったほうがいいことは間違いないですね。

 

 

育毛剤だけでなく、シャンプーから見なおしたほうがベター

 

 

女性の場合40代くらいになると高齢化に伴う薄毛が始まったりしますが、子供を出産すると産後の抜け毛というのもありますよね?

 

 

そんな時にも、育毛剤は役に立つんですが、ヘアケアというのはシャンプーから見直すべきなんです

 

 

私の嫁も、産後の抜け毛で随分悩んでいましたが、私が育毛していてその方面に詳しいということもあり、育毛シャンプーから育毛剤・育毛サプリと、一通りの育毛アイテムをすすめたんですが、3ヶ月ほどで回復しました。

 

 

ヘアエケアの基本はシャンプーなのでまずはシャンプーをアミノ酸系で無添加のものに変えてから育毛剤と育毛サプリを飲んでましたね。

 

 

女性の薄毛治療は、男性の薄毛治療に比べるとずっと楽だし効果が出るのも早いので悩んでる暇があるならさっさっとやっちゃったほうがいいですよ

 

 

と、嫁が申しておりました(´;ω;`)

 

 

ウチノヨメが使った育毛セットをご紹介

 

 

 

女性用の育毛シリーズでは右に出るものがないほど、実力人気NO1!のマイナチュレシリーズなら悩める薄毛女性の期待に答えてくれます。

 

 

マイナチュレのシリーズなら無添加育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリの3段構えで確実に薄毛をトータルケアできるのでおすすめですよ。

 

 

>>>薄毛女性の理想のシャンプー・マイナチュレのおすすめポイントを見る!

 

 

>>>10年悩んだ薄毛の悩みも喜びに変わる!無添加育毛剤マイナチュレの詳しい情報はこちら

 

 

>>>育毛するなら使わにゃ損!髪の毛のはりやコシに効くマイナチュレの育毛サプリはここから