薄毛治療最前線!はじめての育毛完全ガイド

フィナステリドとデュタステリドは発毛薬ではありません、脱毛防止薬ですよ

薄毛対策

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られるフィナステリドやデュタステリドなんですが、この薬に対しての知識を深めてもらううために書いた記事です。

 

 

フィナステリドやデュタステリドに手を出す前に是非読んでおいてください。

 

 

フィナステリドからいきます

 

 

フィナステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つであり、男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害する作用を持ちます。

 

 

前立腺治療薬なのにAGAに効果があることで脚光を浴びました。

 

 

要するに、ハゲというのは男性ホルモンの一つテストステロンがジヒドロテストステロンになることで起きる現象なんですが、その分泌量が多ければ多いほど、ハゲに拍車がかかります。

 

 

そのジヒドロテストステロンの分泌を抑えるのがのがフィナステリドというわけです。

 

 

フィナステリドというのは薬に含まれる成分で、商品としての薬の名前はプロペシアが有名です、医師の処方箋が必要で薬代も高く、クリニックによって変わってきますが、1ヶ月分で6千円前後です。

 

 

個人輸入という手もありますが価格はそれほど変わりません、診察料やカウンセリング代をとられることを考えれば安いというくらいですね。

 

 

プロペシアのジェネリックでフィンペシアというのがありますが、これだと半額くらいで購入できます。

 

 

ED薬を個人輸入すると、正規品とジェネリックでは価格に10倍近く開きがあるのでジェネリックがおすすめですが、プロペシアなどのAGA治療薬に関しては半額程度なので正規品でもいいかな?という感じですね。

 

 

デュタステリドは後発薬

 

 

デュタステリドもフィナステリド同様もとは前立腺肥大の治療薬として開発されたものです。

 

 

その違いは、デュタステリドはフィナステリドよりも1.5倍の効果があることです。

 

 

デュタステリドは1型5αリダクターゼの抑制効果があり、フィナステリドは2型5-αリダクターゼを抑制する効果があります。

 

 

AGAには1型5αリダクターゼの抑制のほうが、2型5-αリダクターゼより効果が高いことがわかっています。

 

 

しかし、副作用もデュタステリドのほうが強いと言われています、まあ効果のある分反動もでかいということですね。

 

 

また、デュタステリドはステロイド系の薬であることからフィナステリドよりも普及していません。

 

 

デュタステリドはデュタスという商品名で売られています。

 

 

デュタステリド・フィナステリドは副作用が心配で飲むのにも躊躇する人が多い

 

 

私も飲んでた時期があるのでわかるのですが、副作用がとても心配になります。

 

 

飲むのをやめると、以前の状態に戻るので増えた髪の毛も、以前のように抜けてしまいます、飲んだら飲み続けるしかないというのも怖いですよね。

 

 

実際、精力減退で勃起しづらくなったのでやめたのですが、精子異常の報告もあるので、これから子供を作ろうと考えてる人にはすすめられません。

 

 

どうしても髪の毛がほしい人で、子作りも終わってるというならありかもしれないですね・・・・・

 

 

それから飲んでた時期は、いつも胃腸の不快感が消えませんでしたね、それも断念した理由です。

 

 

結局、私の出した結論は育毛するなら根本治療じゃないとダメだということです、薬による対処療法では失うものが多すぎたわけです。

 

 

育毛シャンプーで頭皮環境を整えて、育毛剤を根気よく使用していくほうが時間はかかるものの健康を害しないということですね。

 

 

もちろん育毛サプリも余裕があれば飲むに越したことはないです、発毛スピードが早まるので。

 

 

薬に頼って後で泣きを見るよりも、天然生薬や健康食品(育毛サプリ)で気長に健康的に育毛したいものです。

 

 

髪を育てるで育毛ですから。

 

 

健康第一です。