テストステロン増加はハゲ加速につながるのか?

テストステロン分泌量のの年代別増加グラフ

薄毛治療

男性ホルモン(テストステロン)が脱毛につながるとはよく言われますが、本当にそうでしょうか?

 

 

右のグラフを見てください。

 

 

テストステロンは思春期か20代の間に、最も活発に分泌されるのがわかりますよね?

 

 

テストステロン増加でハゲるならみんなハゲじゃん(´;ω;`)

 

 

実際のところテストステロンは、ハゲの直接要因ではありません。

 

 

みんな言葉が足りないんですよね、だから誤解を生むんです。

 

 

ハゲの直接要因は、男性ホルモン(テストステロン)が毛根周りにある酵素、5αリアクターゼと結合してジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを作り出すことにあります。

 

 

一般に、男性ホルモンがハゲの原因になるというのは、このジヒドロテストステロンのことを指すんですね。

 

 

ジヒドロテストステロンこそ脱毛症を起こす直接の原因だったわけです

 

 

だから、テストステロン自体は悪ではないんですね、テストステロンは健康な男子の証でもあるし、筋トレや運動によってその分泌量は増加します。

 

 

男らしさの象徴でもあり、筋肉や骨格の形成に必要不可欠な成分でもあります。

 

 

テストステロンが作られる場所は、男性の睾丸、つまりは金玉ということですね、筋骨に影響を与えるとともに精神にも影響があり、興奮するとその分泌量も増えると言われています。

 

 

確かに、金玉の大きい人は自分の周りを見ても男らしい人が多い気がしますが(笑)

 

 

これは多分気のせいで、調べたところ金玉が大きいからテストステロン生成が多いという相関関係はないということです。

 

 

テストステロンがハゲの原因ではないことはわかったけどハゲないようにするにはどうしたら?

 

 

禿げないようにするには、ハゲを改善していくためにはどうすればいいのかというと、テストステロンではなく、5αリアクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンを生成しないようにすることが必要なんですね。

 

 

薄毛の治療法はすべてがここに帰結します、医薬品然り、育毛剤然りです。

 

 

ハゲについて調べていれば、必ず5αリアクターゼ抑制やジヒドロテストステロン抑制という言葉を耳にしていますよね?

 

 

これらを抑制することは、禿げないようにすること、脱毛症を治すことなんですね。

 

 

しかし、薄毛を治すだけでは薄毛治療とはいえません、発毛してフサフサに、あの頃のように戻ることこそがハゲ克服ですよね?

 

 

医薬品でいうとミノキシジルがそれに当たります、AGAクリニックで薄毛治療といえば、まず間違いなくフィナステリドとミノキシジルを処方されます。

 

 

もちろん効果は高く髪の毛が生えてくるのは私も実証済みで間違いないんですが、副作用リスクがありありなんですよね。

 

 

食欲不振に精力減退、SEX最中の中折れが私の経験した副作用でした。

 

 

だから私は3ヶ月でギブアップしました、それまでうっすら生えてきた髪の毛は抜けて振り出しに戻りましたけどね(ToT)

 

 

効果の高い育毛剤をランキング・育毛サプリ付属商品もあるのでお得ですよ

 

 

育毛サプリ人気ランキング

 

 

メンズ育毛シャンプーランキング

 

 

やはり薬で強制的にホルモンや酵素を抑制してしまうと、弊害が出るのは当たり前ですよね?

 

 

それでも髪の毛がほしいかどうか?ということなんでしょうが、その見返りが勃起不全じゃ意味が無いです。

 

 

まさにあちらを立てればこちらが立たずですよ。

 

 

結局、育毛剤や育毛サプリのほうが副作用を心配しなくていいんです

 

 

口コミサイトを見ると育毛剤は効かないとか、詐欺だとかいう人がいますが、確かに個人差があるのは事実だと思います。

 

 

私の友人でも育毛剤を続けたものの、効果が出ずに医薬品に走った人も何人かいますからね。

 

 

でも、そんな副作用があるものを飲み続けられるの?やめたらまたハゲだよ?というのが私の本音なんですよね。

 

 

育毛剤は効果が出るまで医薬品に比べてどうしても時間がいるので、挫折するひとが多いんですよね。

 

 

育毛剤や育毛サプリは基本が天然物由来のものが多いので、副作用がないというのが売りなんですが、その分薬より効力は落ちます。

 

 

当たり前ですよね?

 

 

医薬品は薬の力で5αリアクターゼ抑制をするわけですが、育毛剤は医薬部外品です、天然由来や植物系の力で副作用なく健康的に髪の毛を育てるのが目的だから時間はかかりますよね。

 

 

その分、育毛に成功すれば、ちょっとやそっとでハゲることもなくなります。

 

 

まあ、医薬品にしろ、育毛剤のような医薬部外品にしろ、悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロンを生成しないようにするという、目指すところはおんなじです。

 

 

薬で強制的にいくか?自然治癒的に健康的に薄毛治療するかの違いなんですがね。

 

 

それぞれのメリット・デメリットを考えて選ばないと、後悔するんで・・・・・

 

 

私はこうして育毛してきた!

 

 

私が以前、医薬品に手を出したことは先ほど書きましたが今までの私の育毛遍歴を軽くおさらいしておきます。

 

 

20代前半から前髪が上がり始めて、育毛を学び育毛剤を使い出す。

 

 

25ぐらいの時に育毛医薬品に手を出すも、副作用で苦しみ断念

 

 

それまで少しはふさふさしていたものも薬をやめると抜け落ちる。

 

 

それから、かれこれ5年ほど育毛剤と育毛サプリ、頭皮ケアに育毛シャンプーよいう組み合わせで、見れるくらいまで回復。

 

 

現在も、育毛剤と育毛サプリ育毛シャンプーでのケアを続けている。

 

 

結果にはそれなりに満足しています。

 

 

育毛剤でも時間はかかりますが、ハゲ克服はできるとお思います、下手に医薬品にてお出す前に育毛剤から試すことのほうがいいと思いますね。

 

 

発毛薬は最後の手段にしておくほうがいいでしょうね、40代50代で子作りも終えたけど髪の毛を生やしたいという方はいいかもしれないですけどね・・・・・
(精子異常などの副作用リスクが有るため)

 

 

ましてや、薄毛予防なら医薬品はやめたほうがいいですよ。

 

 

イクオス

 

★褐藻エキスM-034,オウゴンエキスが抜け毛の原因を阻害して血流改善、炎症抑制作用のある有効成分など約30種類の有用成分配合。

 

★オウゴンエキスをはじめ、脱毛や薄毛、かゆみやふけなどのあらゆる毛髪・頭皮の悩みに合った育毛成分を配合、毛根の奥まで浸透させます。

 

★頭皮の負担にならない天然成分を使用しているためダメージもあたえません、無添加・無香料・無着色。

 

★単品購入 1本 9,350円 送料630円定期コース 1本 6,800円 送料無料お得な3本セット 3本 23,800円 送料無料

 

★初回購入の方全員に45日間全額返金保証